TSUCHIYA別館

susumu32s.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 06日

自宅を新築する

自宅を新築することにしました。

新しい家が建つまで日記にしようと考えました。

第1回目は今住んでいる建物です。

新築の家は、1階が151.54㎡(45.74坪)・2階が114.27㎡(34.49坪)で合計が265.81㎡(80.24坪)で色々なハウスメーカーに見積もりを依頼したら大体同じで坪単価が平均80万円で家の価格が約64192000円位でその他に解体費・照明設備・空調設備・家の仮設費用・モロモロな購入品で+600万円以上なので合計が約、7000千万円を超える見込みで多分、もっと金額が増えると考えていました。

2年前に野屋を建て替えたときにハウスメーカーで見積もりを頂くと2000千万円以上も見積もりでした。

妻の親戚がハウスメーカーでアルバイトをしている時に丁寧な仕事をしている工務店がいて気に入ったようで新築をお願いしたら安価な金額で丁寧に家を建ててくれ凄く満足していると聞きました。

家族で工務店を経営している和田工務店さんに見積もりを頂いたらハウスメーカーの4割以上安い見積もりで直ぐに注文して2ヶ月間の完成まで様子を見たが良い仕事で家を建てるときはお願いすることを決めていました。

今の家は築53年になります。

30年前に道路工事で自宅の敷地より道路が高くなり雨が降ると大変で家を1メートム上げて対処しました。

次に私たち夫婦が結婚した26年前に8畳の部屋と8畳の洋間を増築して住んでいました。

子供が3人生まれ大きくなった10年前に新築を考えていたが親の許可が下りなく大々的にリフォームをしました。
私は農家の家で南側に廊下があり南に面した部屋が8畳・10畳・10畳と襖でつながっていて襖を取り除くと広い部屋になり冠婚葬祭対応していました。

広く大きな家ですが使い勝手が悪く部屋を洋風に改造して子どもの部屋を3部屋にして、キッチンの部屋を大きくし水周りと壁体とリフォームして家が建つほどの金額を使いました。

10年前に大きなルフォームしたので不満は無く、之からも住もうと思っていた時に、東京に住んでいる長男夫婦から子供を長男が育った地元の小学校に入れたいので空いている土地に家を建てたいと言って来ました。

敷地に家を作るために色々な場所を探し見積もりを取り色々な検討したがシックリ来る場所が無く考えていると2世帯住宅にしようと言う話でした。
住む家の大きさで金額を出し合うことに決定しました。

稲刈りが終わった後の平成25年9月の中旬に新築建物を建てる為に平成24年12月から動いていました。

設計図は3パターン作って頂き絞って決定した後に4回の手直しで如何にか決まりました。

今住んでいる家も後、2ヶ月で終わりです。
私が生まれて直ぐに住んでいるので愛着があり壊す前に色々な角度から写真と映像を残しておこうと思いました。
田んぼから見た家の風景です。
向かって右側が築53年の家で向かって左側が2年前に新築した野屋で左手前の倉庫が農作業を行う機械が入っています。
f0122241_1185835.jpg


道路側から撮影です。
f0122241_11115117.jpg


敷地に入り正面からの撮影です。
写真で見ると古く見えるが内装はリフォームで綺麗になっているので・・・もったいないナー
f0122241_11122356.jpg

[PR]

by susumu32s | 2013-08-06 11:14 | 自宅の新築日記 | Comments(0)


<< 設計図      スイカの収穫 >>